SDカードをMacBook Airで使う/SDカードにWindowsを入れる

今使っているMacBook AirのSSDは128GB。OSとアプリ、音楽を入れておく位なら何とかなります。が、VMWare Fusionで仮想化したOSを使うには手狭。CUIのみなら1GBもいきませんが、GUIが付くと数GBは当たり前。Windows 7なら、インストール直後でも10GBくらい食います。

今までは外付けHDDにOSを置いて使っていたのですが、出来ればWindows7も持ち歩きたい。しかし、常時使うわけではないのでSSDには置きたくない。

ということで今回、SDカードにOSを置いて使ってみることにしました。購入したのはこちら↓

Transcend SDXCカード 64GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS64GSDXC10E
Transcend SDXCカード 64GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS64GSDXC10E [Personal Computers]

ベンチマーク結果は以下。

Class10なので、SDカードとしては速い部類に入るのだろうけど、スコアは内蔵SSDの20分の1、外付けHDD(USB 3.0)の2分の1です。ただし、Random Readでは、HDDを上回る好スコアを叩き出しています。小さなファイルをたくさん置いて、保存用に使うには良い選択だと思います。

一つ難点なのは、SDカードを挿した状態でも、奥まで入り切らないこと。要は、こういう状態(写真)になります。出っ張ってるので、挿しっぱなしは危険な感じがします。挿しっぱなしで持ち歩けるなら、音楽ストレージとしても使用できるかなー、と思ってたのですが、それは無理そう。

ちなみに、Windows 7の仮想環境(.vmwarevm)をSDカードに置いて起動した状態での、Windowsエクスペリエンスインデックスは以下。

06

「ゲーム用グラフィックス」が低いため、Aeroを有効にしているとかなり重い。が、Aeroを切りさえすれば、まあ我慢できるかなレベルのパフォーマンスにはなる。

コメントを残す