『はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP』を読了

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP

FuelPHPは、PHP5.3以降に対応した、軽量・高速のPHPフレームワークです。ライセンス問題で失速したCodeIgniterの後釜と目されている(?)ようです。

本書・『はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP』は、2012年の7月に達人出版会から電子書籍として刊行されました。対応しているFuelPHPのバージョンは1.2です。一方、2013年4月現在の最新バージョンは1.5.3。この間、機能の改廃やディレクトリ構造の変更等が入っています。

バージョン変更に対する対応は全てGitHub上のサポートサイトで網羅されているので、現在でもサンプルコードはちゃんと動きます。欲を言えば、章ごとのスナップショットが欲しいですね。リファクタリングの章だけやり直したい、みたいな需要もあるので。

本書、とにかく気合を入れて書いたんだろうなというのは伝わってきます。環境構築は手厚く、Win/Mac/Linux(Ubunutu)の3パターンで詳述されています。また、チュートリアル形式で、セキュリティにも手を抜かず、テストを書いてリファクタリングまで体験できます。

ただ、前述したように、サポートサイトを見ながらでないと進められない面倒さがあるので、「何でもいいからフレームワークを学びたい」人にはオススメしません。フレームワーク入門者なら、CakePHPが、日本語情報の充実度の点でオススメです。(書籍としてのイチオシはありませんが、ドットインストールのCakePHP入門をやったあと、公式のチュートリアルをやってみると良いと思います)

「FuelPHPを学びたい」という目的意識があって、なおかつ、フレームワークを使ったことが無い人にならオススメできます。(他のフレームワークを使ったことがある人なら、公式のドキュメントを読めばいいと思います)

コメントを残す