MacBook AirのSSDが死んだので新しいMacBook Airを買った

10/09 追記:この記事で壊れたと報告しているMacBook Air mid 2012のSSDは、東芝製でした。

参考:ここ数ヶ月でMacBook Air Mid 2012の東芝製SSDが壊れる不具合が頻発している」というのは本当なのか調べてみた。 (Appleちゃんねる)

-----

表題の通りですが、昨年の6月に買ったMacBook Airが、昨日お亡くなりになりました。ハードウェアに異常な素振りは無かったのですが、突然強制終了→起動しようとすると「?」マークが表示され、セーフブート等も行えない、という状態になりました。

Genius Barを急遽予約して持ち込んだところ、SSDが死んでるとのことで、購入から1年1ヶ月経ってるので保証期間外。スペックに不満はあったし、修理だと1週間は戻ってこないので、仕事に支障が出る。ということで、新しく買うことにしました。

購入したのは、MacBook Air 13インチ・USキーボード・Core i7・メモリ8GB・SSD 512GBモデルです。いわゆる「一番いいのを頼む」ってやつですね。本当はメモリ8GB+SSD 256GBあれば十分で、Core i7やSSD 512GBは要らなかったのですが、店頭在庫有るのが、メモリ4GBのモデルとフルカスタマイズモデルだけだったので、やむなく全部盛りに。あと、Apple Careもつけときました。1年に1回故障すると考えると、3年保障つけといても損はないかな、と。このスペックなら3年使えるはず…。

買って帰ってTime Capsuleから旧マシンのデータを復元しようとしたら、Time Capsuleを認識しないというトラブルも発生。これはThunderbolt to Gigabit Ethernetアダプタの故障で、不具合に気づかなかったため最近1週間ほどのデータはバックアップできていませんでした。まあ、環境を一からセットアップするのに比べれば、遥かにマシですが…。

Time Capsuleからの復旧は1時間弱で終了して、環境もほぼ元通り。

教訓:バックアップ超重要

PCを商売道具として使っている人は、
・毎日必ずバックアップを作成すべき(職場にバックアップHDD設置すべき)
・可能であれば、バックアップは多重に作成すべき
・メインマシンが壊れた時用のサブ機も用意しておくといいかも(すぐに新しいマシンを買えるだけのお金があれば必要ないかも)

Macは、Time Machineを使えば1時間程度でマシンの状態をほぼ完全に修復できるので、仕事道具としてはとても頼りになると思いました。

コメントを残す