『初めてのPerl』第8章 正規表現によるマッチ

ドット(.)をあらゆる文字にマッチさせる/s:

正規表現中に空白文字を含める/x:

括弧による文字列のキャプチャと、その制御:

名前付きキャプチャの後方参照:

自動マッチ変数(括弧でキャプチャしなくても自動でセットされる変数):

※自動マッチ変数は、次のマッチが実行されるまで値を保持する
※自動マッチ変数を使うと、プログラム全体の正規表現が少しだけ遅くなる

自動マッチ変数を一部だけ使用する/p(Perl 5.10以上):

感想

Perlの正規表現は機能が豊富で、新しい機能もどんどん追加されている、という話は聞いていたけど、確かにその通りだった。Perlでは、初心者本でここまで詳細に正規表現を解説するのか! と驚いた。

あと、名前付きキャプチャについて、「PHPでも使えないかな」と思って試してみたら、使えた:

教訓:他言語を学ぶことで、メインで使ってる言語についても、より深く学ぶことができる。

コメントを残す