『リーダブルコード』第4章 美しさ

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

コードの美しさの3つの原則

  1. 読み手が慣れているパターンと一貫性のあるレイアウトを使う。
  2. 似ているコードは似ているように見せる。
  3. 関連するコードをまとめてブロックにする。

なぜ美しさが大切なのか?

プログラミングの時間のほとんどはコードを読む時間なのだッ!

コードの整形について

本書では、以下のトピックがC++/Javaのコード例と共に議論されている。

  • 一貫性のある簡潔な改行位置
  • メソッドを使った整列
  • 縦の線をまっすぐにする

PHPer的には、PHP コードの整形はプログラマがやるべきことじゃないということで、IDEに任せてしまうのが一番。

幸い、PHPにはPSR-1/2というコーディング規約の「業界標準」があり、それに沿った整形を行うためのツール(PhpStorm等のIDE)も揃っている。

概念の整理について

  • 一貫性と意味のある並び
  • 宣言をブロックにまとめる
  • コードを「段落」に分割する

コードを意味のある並びにしたり、意味のある単位で区切ったりすると読みやすくなる。

個人的な好みと一貫性

一貫性のあるスタイルは「正しい」スタイルよりも大切だ。

コメントを残す