『リーダブルコード』第12章 コードに思いを込める

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

1. コードの動作を簡単な言葉で同僚にもわかるように説明する。
2. その説明のなかで使っているキーワードやフレーズに注目する。
3. その説明に合わせてコードを書く。

ロジックを明確に説明する

「空っぽのif文を作る」というアイデアが面白い。

ライブラリを知る

簡潔なコードを書くのに欠かせないのは、ライブラリが何を提供してくれるかを知ることだ。

コメントを残す