『リーダブルコード』第14章 テストと読みやすさ

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

テストを読みやすくて保守しやすいものにする

鍵となる考え:他のプログラマが安心してテストの追加や変更ができるように、テストコードを読みやすくする。

「大切ではない詳細はユーザから隠し、大切な詳細は目立つようにする」

テストの本質というのは、「こういう状況と入力から、こういう振る舞いと出力を期待する」のレベルまで要約できる。

テストの適切な入力値を選択する

鍵となる考え:コードを完全にテストする最も単純な入力値の組み合わせを選択しなければいけない。

鍵となる考え:テストには最もキレイで単純な値を選ぶ。

(テスト関数が)長くて変な名前にならないかと怖がることはない。他のコードから呼び出されるものではないので、長くなっても構わない。テスト関数の名前はコメントだと思えばいい。ほとんどのテスティングフレームワークでは、テストが失敗したらその関数の名前が印字されるようになっている。だから、名前は説明的なほうが役に立つのである。

コメントを残す