Working with TCP Sockets 読書メモ 第22章 ハイブリッド

Working with TCP Sockets 読書メモ 目次

ハイブリッド

  • 複数のパターンを組み合わせて使うこともできる

nginx

  • Cで実装された高速なWebサーバ
  • メインはPreforkパターン
  • forkされた各プロセスはイベント駆動

Puma

  • Ruby製のWebサーバで、並列性が売り
  • GILの無い実行系(JRuby, Rubinius)で最大のパフォーマンスを発揮する
  • メインはスレッドプール
  • 永続的コネクションの処理はイベント駆動

EventMachine

  • Cで実装されたイベント駆動IOライブラリで、Ruby用インタフェースがある
  • メインはイベント駆動
  • 長く時間がかかったり、ブロックするような処理はスレッドプールで処理

以上で、「Working with TCP Sockets 読書メモ」シリーズは終了です。
『Working With TCP Sockets』の感想を簡単に書きます。
前半はソケットプログラミング自体の入門で、システムコールの働きなどがとても丁寧に解説されています。
後半は、ソケットプログラミングを活用したさまざまなアーキテクチャパターンの話で、こちらも非常に興味深かったです。
総じてよく書かれた本で、同著者の『なるほどUNIXプロセス』も読んでみたくなりました。

コメントを残す