PHPカンファレンス2016(東京)で「PHPで学ぶソケットプログラミング入門」というトークをしました

http://slides.com/ryoutsunomiya/php-socket-programming

背景

このようなトークをしようと思った背景を説明すると、

(1) 仕事でソケットプログラミングが必要になった
(2) しかし、日本語で、かつPHPで簡単にソケットプログラミングを学べる資料が無かった

ためです。

(1)については、ネットワーク機器からUDPでログを受け取ったり、TCPで命令を送ったり、といった感じです。
(2)については、「PHPでソケットを使ったプログラムを書いてみた」みたいな記事はいくつもありましたが、「ソケットを使うと何が嬉しいのか」「ソケットはどんな技術か」といった基礎的な部分を解説している記事は見かけませんでした。
そこで、(2)を満たすような資料があるといいなということで、今回の資料を作成し、発表を行いました。

なお、今回のトーク会場や、リハーサルをさせていただいたPHP勉強会で挙手によるアンケートをとったところ、
累計約100名のPHP開発者の中で、業務でPHPでソケットを使ったプログラムを書いたことがある方は(私以外では)わずか1名でした。
仕事にすぐに役に立つ技術ではないですが、一度覚えておくと長持ちする技術です。
「そろそろPHPフレームワークを漁るのにも飽きてきたなー」みたいな人は、ソケットを学んでみると新しい発見があると思います。

ReactPHPについて

資料の中でも何度か登場しているライブラリに ReactPHP があります。
ReactPHPのリポジトリの配下には細かいライブラリがいくつかありますが、PHPでソケットプログラミングを行う上で特に参考になるのは以下の2つです。

コメントを残す