都道府県のリストを出力するWebアプリを作った

サイト: https://morning-refuge-95932.herokuapp.com/

ソース: https://github.com/ryo-utsunomiya/japanese-prefectures-api

なぜつくったのか

1つのページで色々なフォーマットに対応したものがほしかったから。

どうやってつくったのか

アプリを作って、無料でホスティングする方式で考えていたので、Herokuを念頭に置いてPHPで作った。
PHPアプリを無料で動かす場所としてはHerokuはとても便利。
ちなみに、一番ハマったのはTwigテンプレート内でビット演算を行う方法がわからなかったこと。

つくってみて思ったこと

生データをJavaScriptの中にベタ書きするようにすれば、PHP使う必要なかったような…。
そして、PHPを使わないならHerokuを使う必要もなく、無料で使える静的Webサイトホスティングなら他にも選択肢はありそう。

今後の展望

ひらがな読みのフィールドを追加したり、SQLのテーブル名を設定できるようにしたりと、データの充実化や生成機能の柔軟化を図りたい。

コメントを残す