Effective C# 3rd 読書メモ 06 文字列による型情報の受け渡しを避ける

以下のように、nullチェック後にnullが渡された引数の名前を例外に渡したい場合がある。

このような場合、文字列を使用するのではなく、nameof演算子を使ってローカル変数の名前を取得すべき。

一般に、関数名・変数名等の文字列を使用したメタプログラミングは、静的型付けによる型安全性やVisual Studio等のツールによるサポートを手放すことになるため、できるだけ避けるべき。

コメントを残す