紙は、使える。

今日、ページング機能の実装で悩んでいました。ページに実際に表示する数列と、ページ遷移のために使う数列とで別のものを生成する必要があり、その上手い作り方が思い浮かばなかったのです。

しばらく悩んだ後、考えを整理するために紙に数式を書いて計算しました。すると、それまで1時間ほどモニターの前で悩んで答えの出なかった問題が、10分ほどで解けてしまいました。

紙を使うことの最大の効能は、「メモリの節約」だと思います。一度計算した結果は書いておけばよいので、「このやり方だと、こうなる」と記憶しておく必要がありません。

外部記憶装置としてはコンピューターも勿論使えますが、コンピューターに入力した情報は、見通しが悪いという欠点があります。紙は、好きなところに好きなことを書けるので、直感的に分かりやすい整理ができます。

紙は、思考を補助するツールとして非常に優秀だなと、再認識しました。

コメントを残す