今日の教訓

今日の教訓:

おかしそうなところに当たりをつけてプリントする「スマート」なデバッグより、おかしい可能性のある場所は全てプリントするしらみつぶしのデバッグのほうが、結果的には効率が良い(トータルの所要時間が短くて済む)。

おかしい可能性のある場所の数が少なければ、当てずっぽうなデバッグで短時間で処理できることもあるけど、おかしい可能性のある場所の数が多い(一画面に収まらない)場合には、しらみつぶしのデバッグのほうが効率的。

今日覚えたこと:

Unixコマンド「crontab」

決められた時間に所定のコマンドを実行するよう命令を書くためのコマンド。「毎朝4時にデータ更新」等の処理は、これを使って実行している。

コメントを残す