『たのしい開発 スタートアップRuby』を読了

たのしい開発 スタートアップRuby
たのしい開発 スタートアップRuby

↑は書籍版ですが、私が購入したのはGIHYO DIGITAL PUBLISHINGの電子版です。技評の電子版は、DRM無しのPDFなので扱いやすいです。PCで、画面の左半分に本を開いて、右半分でターミナル等の操作をする、という読み方(使い方?)が出来ます。

本書『スタートアップRuby』は、その名の通りRubyの入門書です。本書がユニークなのは、Rubyというプログラム言語の入門書ではなく、Rubyを取り巻く文化であったり、Rubyを使った開発スタイルの入門書であるという点です。

読了すればすぐにRubyを書いたりRailsで開発したり出来るようになる、という本ではありませんが、Ruby入門者は「急がば回れ」で読んでおくと良いのでは。

完全なプログラミング初心者でも、飛ばし飛ばしであれば読めますし、必要なエッセンスはある程度伝わるでしょう。メインターゲットは、Ruby経験は無いが、Rubyに興味がある、というプログラマーです。

今まで、仕事でもプライベートの学習でもWebアプリケーションフレームワークというものを使ったことが無かったので、Railsの手軽さには驚きました。

テストの話などは深く理解できたとはいえませんが、今いる会社でやっている、変更を加える→手動で実際に動かしてテスト という非効率的なやり方に比べれば、自動テストという手法は素晴らしい。

コメントを残す