Essential ActionScript 3.0 読書メモ 第7回 ローカル変数

ローカル変数(Local variables)は、コンストラクターメソッド、スタティックメソッド、又は関数(function)という枠の中で、一時的にデータを追跡するのに用いる。ここではコンストラクターメソッドの枠内でのローカル変数について書く。

ローカル変数をコンストラクターメソッドの中で作るには、変数定義(variable definition)を行う。変数の宣言にはvarというキーワードを使う。
例:

class SomeClass {
  public function SomeClass () {
    var identifier = value;
  }
}

ここでは、identifierという名前の変数にvalueという値を代入(assign)している。変数の宣言と同時に値を代入することを初期化(initialization)と呼ぶ(初期化を省略するとデフォルト値が自動的に代入される)。

ローカル変数は、それを定義したのと同一のメソッド・関数の中でのみ利用できる。メソッド・関数が終了した際には、その中で定義したローカル変数も利用できなくなる。

今日の進捗:195→200/4343

コメントを残す