Essential ActionScript 3.0 読書メモ 第11回 式

ActionScriptのプログラムの中で書かれた値の形式は、式(expression)と呼ばれる。例えば、以下のコードは、新しいオブジェクトを作成するnew式である。

new Date()

同様に、以下の式は2.5という値のNumberオブジェクトを表すリテラル式である。

2.5

個別の式は、演算子(operator)によって組み合わせることができる。組み合わさった式の値は、プログラムが実行される時に求められる。演算子は、ActionScriptの組み込みコマンドで、値を組み合わせたり、操作したり、変化させたりする。それぞれの演算子は+のような記号や、instanceofのようなキーワードによって書くことができる。

例えば、乗算演算子は2つの数値を掛け合わせる。乗算を示す記号は、*(アスタリスク)である。

4 * 2.5

という式は、4という式と2.5という式を*という演算子で連結している。この複合式の値は、プログラムの実行時に評価(evaluate)され、この複合式の全体が10という値に置き換わる。

もう一つ例:

speed * time …式A

この複合式で、変数speedと変数timeの値は実行時に与えられるとする。仮に、speed = 5, time = 2という値が与えられたとすると、speedとtimeはそれぞれ、与えられた値に置き換えられる。この結果、式Aは

5 * 2

と置き換えられる。さらに、5 * 2が評価され、10に置き換わる。式Aにspeed = 5, time = 2を与えてプログラムを実行した結果は、

10

という値になる。

今日の進捗:233→240/4343

コメントを残す