『Head First PHP & MySQL』を読了した

Head First PHP & MySQL ―頭とからだで覚えるWebアプリケーション開発の基本
Head First PHP & MySQL ―頭とからだで覚えるWebアプリケーション開発の基本

Head FirstシリーズのPHP&MySQL版。日本語版で、本文600ページ弱。原著の第11章「Drawing Dynamic Graphics: Visualizing Your Data… and More!」は収録されていない。

PHPは初心者でも学びやすい言語といわれることがあるが、実際には覚えるべきことは多い。データベース(PHPを使う場合、データベースはMySQLであることが多い)の知識はしっかり身につける必要があるし、HTTP通信の知識も必要。

ただし、これは他のサーバーサイド言語でも同様。PHPは、HTMLに埋め込んで使えるので、サーバーサイドのWebアプリケーション開発言語としては敷居が低い。そこが、多くのWebアプリケーションがPHPで開発される理由だろう。

本書にはオブジェクト指向は入ってないし、セキュリティ対策もまだ足りていない部分がある。また、実務ではLinuxサーバーにリモートでログインして操作することが多いので、Unixの知識も必要。。。といった具合に、不足している部分はあるのだが、「HTMLの知識はあるが、PHP及びプログラミングの知識はゼロ」な入門者に向けて書かれた本としては、かなり充実した内容になっている。本書を読み通せばサーバーサイド開発者の入り口には立てるはず。

本の構成は妥当だし、サンプルコードも「無理やり」感があまりない。また、原著のおかしな部分にツッコミを入れたり、登場人物の名前や文章を「超訳」したりと、翻訳者の頑張りとセンスが光っている。

唯一難点なのは、出版年の古さ。本書は2008年に出た本だが、MySQLはバージョン5.1以降で文字コードの設定方法が変わっている。現在の最新版はMySQL5.5なので、本書の設定方法では動かない。MySQL5.5に対応した文字コード設定に関しては、以前書いた記事があるので参考までに。

あと、日本語版のサンプルコード、私の環境(Mac OS X/Ubuntu)では文字化けやら改行コードやらで大変なことなっていた。英語版の方は問題なかった。

本書で初めてプログラミングを学ぶ、という人にはオススメしづらい。PHPの入門書を読んだけど、知識に不足を感じている人にはオススメ。

コメントを残す