Essential ActionScript 3.0 読書メモ 第27回 Get/Setメソッド

一つ前の回で、取得(retriever)・変更(modifier)メソッドについて学んだ。取得・変更メソッドは、publicメソッドで、オブジェクトの状態を取得したり変更したりする。

より簡便な取得・変更の方法として、ActionScriptはget/setメソッドをサポートしている。これらのメソッドは、変数の取得や代入の書き方で利用できる。

get/setメソッドを定義するには、次のように書く。

function get/set methodName() {
  statements
}

setメソッドについて注意すべき点は、returnを書いてはいけないという点である。setメソッドには、自動で設定される戻り値があるからである。

get/setメソッドを呼ぶ際には、独特の書き方がある。メソッドの後ろの括弧は必要ない。

例:
class Blog {
  private var title;

  public function get title () {
    return title;
  }

  public function set title (newTitle) {
    if (newTitle > 100) {
      newTitle = newTitle.substr(0, 100);
    } elseif (newTitle == “”) {
      return;
    }
    this.title = newTitle;
  }
}

var blogTitle = Blog.title; // get
Blog.title = “web engineer”; // set

取得・変更メソッドと、get/setメソッドのいずれを選ぶかは、好みの問題である。

今日の進捗:356→366/3546(ページ数のカウント方式を変更)

コメントを残す