『初めてのPerl』第3章 リストと配列

  • リスト(list):スカラーの集合に順序を付けて並べたもの
  • 配列(array):リストを格納する変数

PHPの世界では何でもかんでも「配列(array)」だけど、Perlの世界では中身(リスト)と容れ物(配列)を区別する。たぶんPHPの方が異端。

配列とスカラー変数の名前空間は衝突しない:

範囲演算子(PHPだとrange()):

qwショートカット:qwとデリミタで囲まれ、空白文字列で区切られた文字列は、それぞれシングルクォートで囲まれた文字列とみなされる

リスト代入:リスト値を変数に代入(PHPだとlist()

pop:末尾から引っこ抜く

push:末尾に突っ込む

shift/unshift:先頭から引き抜く/先頭に突っ込む

なお、配列中の任意の位置から値を取り除いたり、任意の位置に値を挿入する方法として、spliceがある。ただ、spliceは用例が長くなるので省略。

変数展開:配列はダブルクォートで囲まれると変数展開される

デフォルト変数 $_:Perlは、変数名を指定しない場合、$_をデフォルト変数として使うことが多い

コメントを残す