ニコニコ動画ランキングにNGワードを設定するスクリプトを更新した

ニコニコ動画のランキングにNGワードを設定するスクリプトをGINZA対応したの続き。

// ==UserScript==
// @name        Nico Ranking NG Word
// @namespace   https://twitter.com/ryo511
// @include     http://www.nicovideo.jp/ranking/*
// @version     1.2
// @grant       GM_getValue
// @grant       GM_setValue
// ==/UserScript==
window.addEventListener("load",
function () {
"use strict";
var ng_pattern, display_matched, video_list, items, length, i, matched;
ng_pattern = /NG|ワード/;
display_matched = 0; // 0なら単なる非表示 1ならNG理由表示
video_list = document.getElementsByClassName("videoList01");
items = video_list[0].children[0].children;
length = items.length;
for (i = 0; i < length; i += 1) {
matched = items[i].innerHTML.match(ng_pattern);
if (null !== matched) {
if (1 === display_matched) {
items[i].innerHTML = "NG:" + matched; // NG理由表示
} else {
items[i].style.display = "none"; // 単なる非表示
}
}
}
}, false);

JSLintに対応して書き方を変更しただけで、基本部分はほとんど変更ありません(前よりちょっと速くなったかも?)。

loadイベントのタイミングで実行されるので、若干遅延が発生する問題も以前と同様(これより早くするのは無理…?)。

使ってて気になるところが出てくれば、また改修すると思いますが、とりあえずGINZA対応は完了ということで。

コメントを残す

コメントを残す