『React入門』を読んだ

React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで (NEXT ONE)

『React入門』は、JavaScriptの定番ライブラリ、React.jsの入門書です。

Reactの入門書は他にもありますが、本書が特に優れているのは、実務で使う上で必要なポイントが書かれている点です。

Reactはそれほど機能の多くないビューライブラリで、Reactと他のライブラリを適宜組み合わせることで、リッチなユーザインターフェースを実現します。

しかし、従来の入門書の多くは、React本体の入門で終わっています。ある程度の規模になると必要になる状態管理ライブラリや、リッチなインタフェースを実現するためのUIライブラリ等、Reactは本体以外にも学ぶべきことが色々あります。

本書では、他の入門書で扱っているようなReact本体の入門は前半3分の1くらいで、その後はReduxやUIライブラリ、ユニットテスト、作ったアプリケーションの公開方法(GitHub PagesとFirebase)からサーバサイドレンダリングまで、より実践的なトピックを手厚く紹介しています。

Vue.jsやAngular等、モダンなJavaScriptフレームワークの経験者であれば、本書でいきなりReactに入門できると思います。そうでない人は、もう1冊他の入門書を挟んでから本書を読んだ方が良いかもしれません。

Webフロントエンド技術を扱った本の宿命として、本書もそれほど賞味期限は長くないので、早めに読むのがオススメです。

コメントを残す