『カンフーマック』を読了

カンフーマック ―猛獣を飼いならす310の技
カンフーマック ―猛獣を飼いならす310の技

オライリーのpdf電子書籍を買ったのはこれが初めてなのだけど、Macで快適に読むことができた。最近iPad miniも買って本格的に電子書籍を読む環境が整ったので、今後はオライリー本は電子書籍メインで買っていこうと思う。(とか言いつつ、カレンダー目当てで『インタフェースデザインの心理学』買ったり。。。)

で、本書『カンフーマック』について。原著は、300個のtipsを雑然と並べたものだったらしい。訳者は本書に惚れ込んだようで、それらのtipsを整理し、章立てして体系性を持たせ、さらにMac初心者向けの基礎知識の補充やiCloudの解説、Mountain Lionでの動作確認等、原著にこれでもかというほどの+αを載っけている。本書に関して、原著と邦訳のいずれを選ぶべきか問われたら、迷わず邦訳をオススメする。

一方、本書が他人に勧められる本かというと、正直言って微妙。。。300個も載っているのだから、1つや2つ、いや10個や20個くらいは「これは」というtipsが見つかる。私も、Spotlightの使い方を教えてもらった。

ただ、一つ一つのtipsはあくまで表面的なので、本としての「栄養価」は今ひとつに感じられる。これで3000円近くするのはちょっとなあ、という印象。本屋で立ち読みして、気になるtipsがいくつも見つかったら買ってもいいかも。

コメントを残す