Essential ActionScript 3.0 読書メモ 第15回 インスタンスメソッドのアクセスコントロール修飾子

インスタンスメソッドで利用できるアクセスコントロール修飾子は、インスタンス変数に対するそれと同様である。すなわち、public, internal, protected, privateの4種類。アクセス可能な範囲も同様だが、簡単にまとめると、以下のようになる。

public:どこからでもアクセス可能
internal:定義したクラスの属するパッケージと同一のパッケージ内からアクセス可能
protected:定義したクラス内、及び定義したクラスの子孫クラスからアクセス可能
private:定義したクラス内でのみアクセス可能

アクセスコントロール修飾子をつけずにインスタンスメソッドを定義した場合、internalになる。

今日の進捗:273→284/4343

コメントを残す